「上手く立ち回る」以外のこと(趣味の純粋性)

LeicaCL未分類

こんにちは!海斗です!

最近気づいたことをシェアします。

 

僕の趣味は、珈琲、写真、散歩、健康作りです。

健康作りは「最近ハマっていること」と言った方がいいかもしれないもので、

結局「散歩」に帰着します。

珈琲は、会話のネタなんです。社交の道具。

趣味はなんですか?と聞かれたときに答えると、ウケる人にはウケる趣味。

珈琲自体も好きですが、「キャラづくりの一環」という面が否めないです。

写真もインスタをやっているのですが、流行っているからですし、

そこに上げる写真は、インスタ映えするものを選んでいます。

散歩は昔から歩くことが好きなのでやっているのですが、

その大きな目的はダイエットですし、

ダイエットは健康作りの面もありますが、多分に見栄も含まれます。

 

もちろん自分の好みの中から選んでそれらをしているのですが、

目的が「この社会で上手く立ち回ること」なんです。

趣味ぐらいないと話題に困る、趣味があると人とつながれる、そういう邪推で動いていました。

子供がクラスの話題についていくためにTVゲームをする、みたいなもんです。

 

Leica CLを買って、状況が変わりました。

近所を散歩するときに、他愛ない写真を撮っています。

「お散歩写真」です。

誰に見せるつもりもありません。

構図を決め、ピントを合わせ、シャッターを切る。

この一連の行為に「快」を感じています。

散歩中の少しの心の振れを感じ、それを撮影という行為で残す。

見返すことは今のところあまりありません。

 

誰かに分かって貰いたいとも思いませんし、全くの個人的な趣味です。

自分がやりたいからやる。他人ウケは求めない。

純粋な趣味のカタチではないでしょうか?

 

社会というのはプレッシャーをかけてくる存在です。

僕たちは「より有益なことに時間を使え」といういらぬメッセージに日々脅かされています。

社会的には無益と思えることにも、自らが価値を認めるのなら、それを行う。

人目は気にしない。他人ウケも考えない。

「趣味の純粋性」と呼べるものではないでしょうか?

 

この気づきは、個人的に「自分の本心」につながった気がして、嬉しいです。

「他人ウケを考えない自分が好き」というのは、僕が「内向的」だと言うことかも知れません。

そんな自分に気づけたのも、嬉しいです。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました